美術館2階展示室

所蔵作品展「ものを見る ~静物画を中心に~」

会期:2019年 1月 12日(土)~ 4月 21日(日)
主催:信州新町美術館
 

 耕運機など生活に根ざしていたものや果物や壷をはじめ身近にあるものを描いた静物画を中心に展示。
 主な出品作家として、辻村八五郎、・赤城泰舒(あかぎやすのぶ)・栗原 信・黒沢三郎などの作品を展示します。

■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4

企画展「知られざる創作版画家 ~小泉(こいずみ)癸巳男(きしお)

会期:2019年 4月 27日(土)~ 7月 21日(日)
主催:信州新町美術館
 

 近代に活躍した木版画家・小泉(こいずみ)癸巳男(きしお)。その作品の魅力は伝統技術とモダンさを融合した風景版画にあります。
しかしながら版画表現が多様化する今日では、もはや忘れ去られた作家となりつつあります。当館には昭和44年(1969)、遺族より約200点の作品が寄贈されました。
 そこで今回の企画展では、全国唯一の所蔵館として代表作を中心に展示し、小泉の作品の魅力を発信します。

■出展予定作品
十二月二十九日

十二月二十九日皇太子殿下御命名祝日の日本橋
(木版 1934年)

不二

瀧頭の不二
(木版 制作年不詳)


祝・北信美術会70周年「北信展を飾った作家たち」

会期:2019年 3月 9日(土)~ 6月 16日(日)
主催:信州新町美術館

 北信美術会展70回を記念して開催する展覧会。当館所蔵の北信美術会会員、また同会の歴代会長を務めた現役作家の作品、あわせて約60点を展示します。

■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4



所蔵作品展「人・ふれあい・出会い ~人物画を中心に~」

会期:2018年 10月 20日(土)~ 2019年 2月 24日(日)終了しました
主催:信州新町美術館

 老若男女それぞれの生き生きと活動している姿や、親子のかかわり、一家団欒、作業している姿など、信州新町美術館の収蔵作品の中から人物画を中心におよそ50点を展示いたします。
 主な出品作家として、横井弘三(よこいこうぞう)不破 章(ふわあきら)・辻村八五郎・山本蘭村・松木重雄など。


 

○美術館の催し

1.文化講演会
「刀鍛冶に学ぶ日本刀の世界」
日 時:2019年 3月 3日(日)終了しました
会 場:信州新町美術館
講 師:宮入小左衛門行平 さん(刀匠)
参加費:なし(別途入館料)
 昨年度好評いただいた、宮入小左衛門行平さんによる講演会を、今年度も開催いたします。
 ぜひご参加ください。