美術館2階展示室

市立長野高校 美術部の軌跡 II

会期:2021年 9月 18日(土)~ 2022年 2月 6日(日)

 平成28年(2016)に一度開催し、好評を博しました市立長野高校美術部による展覧会です。この5年の間に全国高等学校総合文化祭や現代パステル協会展など、活躍の場を全国へ広げた生徒たちの近年の活躍を中心に紹介します。


■出展作品
展示風景1

染む
竹前 里紗
パステル/水彩紙

展示風景2

崩壊
北村 活歩 (卒業生)
パステル/木炭/水彩紙

展示風景3

掌中ノ珠
風間 優実 (卒業生)
パステル/水彩紙

展示風景1


近藤 礼菜
パステル/水彩紙

展示風景4

降車軸
久保田 光
水彩/水彩紙

展示風景4

昭和のかをり
長浦 梨音
アクリル/水彩紙



■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4

■イベント

美術部員のギャラリートーク
日 時:2021年 10月 10日(日)
    13時30分 ~ 14時30分
会 場:信州新町美術館
定 員:15名
参加費:無料(入館料が別途必要です)
備 考:お電話による事前申し込みが必要です(先着順)(信州新町美術館:026-262-3500)

ミュージアムコンサート
演 奏:KURAVON et Pompe Club de Gadjo
日 時:2021年 10月 3日(日)
    14時00分 ~ 15時00分
会 場:信州新町美術館
定 員:30名
参加費:無料(入館料が別途必要です)
備 考:お電話による事前申し込みが必要です(先着順)(信州新町美術館:026-262-3500)



■これからの展示

所蔵作品展

会期:2022年 2月 19日(土)~ 2022年 7月上旬

 


■以前の展示

企画展「水上民平展 ~ 蝶と花の心響」

会期:2021年 1月 23日(土)~ 2021年 5月 25日(火)終了しました
主催:信州新町美術館
 

 長野市出身で国画会を中心に活躍した画家・水上(みなかみ)民平(みんぺい)の油彩画、約30点を展示します。花や蝶をモチーフに深い精神性に刻まれた水上の心象風景の数々です。併せて水上が影響を受けたといわれる、長野市ゆかりの画家・河野(こうの)通勢(みちせい)の作品、交流のあった横井(よこい)弘三(こうぞう)の作品も展示し、水上の画業を振り返ります。


■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4

第37回 信州書道秀作展

会期:2021年 8月 5日(木)~ 2021年 9月 5日(日)終了しました

 現代書道の第一線で活躍されている県内在住の作家、74名の伝統書、および現代書の近作を展示します。

■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4


現代パステル協会選抜展-パステル画の(いま)

会期:2021年 7月 10日(土)~ 2022年 1月 16日(日)
会場:信州新町美術館 第 2・第 3展示室
主催:信州新町美術館
協力:現代パステル協会

 「現代パステル協会選抜展-パステル画の(いま)」は、第32回現代パステル協会展《※》出品作319点より選抜された52点を展示する、長野市で初めての現代パステル画の展覧会です。
 現代パステル協会は、パステル画の普及と発展に寄与することを目指し、1989(平成元)年に結成された、日本で最大級のパステル画公募団体です。設立以後は毎年、東京と大阪で展覧会を開催し、全国の所属作家らが練達した大作を発表し続けています。また現在では文化庁、東京都の後援により国内にとどまらず広く海外からも公募し、その活動は世界に及びます。
 パステルは、粉末の顔料と粘り気の少ないわずかな水溶性接着剤を練り固め棒状にした画材で、手指などを使い紙に直接塗り重ねて描きます。パステルの魅力は、淡く明るい鮮やかな色調と言われますが、一方で混色が難しいという一面もあります。しかし今日の作家達は、パステルという画材の特徴を巧みに活かしながら、各々の感性による優れた作品を次々と生み出し、パステルの持つ表現の可能性を追求しています。
 是非この機会に、全国から集められた選りすぐりの作品をご鑑賞いただき、今日のパステル画の新鮮な魅力と画材としての面白さを知っていただければ幸いです。
 《※》 第32回現代パステル協会展は東京都美術館( 4月 26日~ 5月 2日)、大阪市立美術館( 5月 12日~ 16日)にて開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため中止となりました。


■出展作品
展示風景1


岩井 弘則 (神奈川県)

展示風景2

ワインとレモン
松田 登 (大阪府)

展示風景3

おおきな巣
さきや あきら (栃木県)

展示風景1

日々を縫う
高木 匡子 (千葉県)

展示風景4

童子(わらべ)たちの行進
高根沢 進 (栃木県)

展示風景4

静かな時
一の瀬 洋 (神奈川県)

展示風景2

上七軒 勝奈
森本 克彦 (滋賀県)

展示風景3

空間の調べ
藤阪 登 (奈良県)

展示風景2

晩秋
石坂 宏 (長野県)


■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4


■イベント

ギャラリートーク
講 師:石坂 宏 氏(現代パステル協会 会員)
日 時:2021年 9月 19日(日)終了しました
会 場:信州新町美術館
定 員:8 名
参加費:無料(入館料が別途必要です)
備 考:9月1日変更...新型コロナウィルスまん延防止措置のため、都合により講師の方と、募集人数を変更いたしました。


■これからの展示

「所蔵作品展」

会期:2022年 1月 29日(土)~ 2022年 6月下旬


■以前の展示

「所蔵作品展」

会期:2021年 2月 13日(土)~ 2021年 6月 27日(日) 終了しました
会場:信州新町美術館 第 2展示室
主催:信州新町美術館
 当館所蔵の油彩画を中心に30点を展示します。
 主な出品作家として、辻村(つじむら)八五郎(はちごろう)松木(まつき)重雄(しげお)荻原(おぎはら)孝一(こういち)などの作品を展示します。

■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4

<新規収蔵品展>「美術館ゆかりの作家 栗原(くりはら)(しん)水彩画展」

会期:2021年 2月 13日(土)~ 2021年 6月 27日(日) 終了しました
会場:信州新町美術館 第 3展示室
主催:信州新町美術館
 新規に所蔵となった美術館ゆかりの作家・栗原信の水彩画、40点を展示します。

■出展作品
十和田湖

十和田湖
栗原 信
1963年/ペン・紙・水彩
26.2 x 34.2 cm

野地温泉

野地温泉
栗原 信
制作年不詳/ペン・紙・水彩
27.2 x 36.7 cm


■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4






 

現代日本を代表する書家、青山(あおやま)杉雨(さんう)(1912~1993)の作品を展示しています。
(展示作品は不定期に入れ変わります)

■展示作品 (2021年 2月更新)
望中麗 制作年不詳
紙本・墨書
760 mm × 1485 mm
勁健 1987年
紙本・墨書
692 mm × 1338 mm
龍屈伸 1984年
紙本・墨書
663 mm × 1360 mm


 

○美術館の催し

1.ワークショップ
「蝶とお花のプラ板キーホルダーを作ろう」
日 時:2021年 7月 31日(土)終了しました
内 容:プラ板に蝶とお花の絵を描きキーホルダーを作ります。
時 間:<午前の回> 10時00分~11時30分
    <午後の回> 13時30分~15時00分
会 場:信州新町化石博物館 地下講習室(美術館の隣にある建物で、入場口は美術館と共通です)
定 員:各回 8名(小学生以上対象・申込順)
材料費:300円(高校生以上は入館料が必要です)
備 考:開催日の3日前までに、事前申し込みが必要です。(信州新町美術館:026-262-3500)
    定員に達した場合、受付を終了いたします。
    教室内の密を避けるため、室内への付き添いは参加者1名につき1名まででお願いします。

◆作例 (画像を選択すると大きく表示されます)
   作例 作例