美術館2階展示室

「第36回 信州書道秀作展」

会期:2020年 8月 6日(木)~ 2020年 9月 13日(日)

 現代信州書道の第一線書作家77人の近作出陳




「所蔵作品展」

会期:2020年 9月 26日(土)~ 2021年 1月 11日(月・祝)

「所蔵作品展」

会期:2021年 1月 23日(土)~ 2021年 5月下旬


「郷土を愛した木版画家・宮田(みやた)三郎(さぶろう)展」

会期:2020年 2月 1日(土)~ 6月 28日(日)<終了しました>
主催:信州新町美術館
 

 大町市(旧:美麻村)出身の木版画家・宮田三郎の展覧会です。
 信州を描いた約50点を展示します。

■出展作品
宮田三郎「わがふるさと」

わがふるさと(信州)
318mm × 410mm 木版・紙

宮田三郎「信州新町」

信州新町
318mm × 410mm 木版・紙

宮田三郎「鬼無里」

鬼無里
318mm × 410mm 木版・紙

宮田三郎「善光寺」

善光寺
318mm × 410mm 木版・紙


■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4


合併10周年記念 「信州新町の横井さん展」

会期:2020年 3月 7日(土)~ 7月 26日(日)<会期を延長しました>
主催:信州新町美術館
 信州新町美術館が所蔵する画家、横井(よこい)弘三(こうぞう)の作品、71点を展示する展覧会です。
 第2展示室では油彩、第3展示室では焼絵を、中央のロビーでは挿絵を描いた書籍や絵葉書などの資料も展示しております。
■出展作品
新町風景

新町風景
油彩 昭和27年(1952)

横井弘三「ポプラのある広場」

ポプラのある広場
907mm × 1168mm 油彩 昭和39年(1964)

横井弘三「小田切ダム」

小田切ダム
907mm × 1162mm 油彩 昭和39年(1964)


■展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4
展示風景5 展示風景6



「山岸恵子展 佇む人-あの日の情景」

会期:2020年 8月 8日(土)~ 2020年 10月 11日(日)
主催:信州新町美術館
 長野市在住の画家・山岸恵子(1955年・鹿児島県生まれ)は、日常の一コマをモチーフに自身の心象を融合させた作風が特徴の油彩画家です。 特に人物風景をメインに、幻想と具象が交差する独自の空間表現を追求してきました。国画会へ所属し、1995年に国展新人賞、1998年には国展国画賞を受賞し、現在は会員として意欲的に作品を発表し続けています。 一方、地域美術の発展と向上にも尽力、長野県展事務長をはじめ北信美術会会長などを歴任しました。初の個展となる本展では、国展受賞作をはじめ、県展、北信美術展の出品作を中心に、山岸恵子の油彩画の魅力をご紹介致します。

■出展予定作品
あーでもない こーでもない

あーでもない こーでもない
182 x 319 cm
第93回 国展(2019)

波立て上手

波立て上手
194 x 324 cm
第92回 国展(2018)


 

■企画展関連イベント
・ギャラリートーク「山岸恵子展」
 内 容: 作家による作品解説
 日 時: 9月 13日(日)・ 10月 11日(日)
    午後 2時から(約1時間)
 場 所: 美術館第2・3展示室
 定 員:10名(小学生以上・先着順・要電話申込(信州新町美術館:026-262-3500))
 参加費:無料 (入館料が別に必要です)

・ミュージアムコンサート「長野リコーダー倶楽部によるコンサート」
 日 時: 10月 4日(日)
    午前 2時から 3時(約1時間)
 場 所:美術館ロビー
 演 奏:長野リコーダー倶楽部
 定 員:40名(小学生以上・先着順・要電話申込(信州新町美術館:026-262-3500))
 参加費:無料 (入館料が別に必要です)



(すずき)万里絵(まりえ)展 -「わたし」たらしめる、わたしの色。」

会期:2020年 10月 31日(土)~ 2021年 1月 31日(日)

「所蔵作品展」

会期:2021年 2月 13日(土)~ 2021年 6月下旬





 

現代日本を代表する書家、青山(あおやま)杉雨(さんう)(1912~1993)の作品を展示しています。
(展示作品は不定期に入れ変わります)

■展示作品 (2020年1月更新)
散氏盤銘全臨 1988年
紙本・墨
682 mm × 225 mm
恭則壽 1990年
紙本・墨
1220 mm × 1065 mm
天朗 1991年
紙本・墨
1620 mm × 910 mm