なつ

夏のディプロドクス

ふゆ

冬のディプロドクス


2019.09.20

 ディプロドクスニューデザインコンテストのデザインと愛称が決定しました!


 今年で設置から10周年を迎えた信州新町化石博物館のディプロドクス実物大復元模型の新たなデザインと愛称が決定しました。
6月29日から 9月 1日までの期間にご応募いただき、デザインは275件、愛称は160件の応募がありました。 9月10日に審査を行い、最優秀賞(採用作品)ならびに入賞作品が決定しましたので発表いたします。

 ディプロドクスニューデザインコンテスト審査結果(応募数 275件)

最優秀賞


伊藤 智洋 さん(11歳)
作品に添えられたコメント:「黄色は一番目立つ色で それに合う青を合わせると きれいで目立つからです。」

最優秀賞のデザインをもとにディプロドクスの塗装工事を開始し、10月の終わりには完了予定です。

真鍋賞


宮沢 ほのか さん(11歳)
作品に添えられたコメント:「長野県名物のりんごの木をイメージしました。頭がりんご、体がはっぱ、足としっぽは木です。」

日本理科美術協会賞


渡辺 志帆 さん(11歳)
作品に添えられたコメント:「本物のきょうりゅうは、こんなのかなーっと思ったからです。」

信州新町住民自治協議会長賞


小林 日和 さん(12歳)
作品に添えられたコメント:「キリンのもようにしてみた。首が長いことなどがびみょうに似ていたから、キリンは首なが竜の祖先だと思ったからです。また、あまりがらがありすぎるとてきにめだってしまうので首から上はうすめにしました。」

信州新町観光協会長賞


平林 馨 さん(29歳)
作品に添えられたコメント:「ろうかく梅園の竜峡小梅をデザインしました。梅の開花と共にたくさんの人が来てくれるのを、ろうかく湖のほとりから”首を長くして”待っています。」

信州新町美術館・化石博物館友の会長賞


唐沢 与範さん(28歳)
作品に添えられたコメント:「現在生きている、首の長い動物の中でも、”森の貴婦人”といわれるオカピと、絶滅した幻のクアッガをベースにしたからです。」

長野市立博物館長賞


松尾 佳々里 さん(14歳)
作品に添えられたコメント:「太陽(光)をオレンジ、イエロー、山や植物をグリーン、ライトグリーン、水、犀川をライトブルー、ブルー、パープルで表しました。新町が明るくなってくれたらいいなと思ったからです。」

信州新町美術館・化石博物館長賞


所 わかな さん( 9歳)
作品に添えられたコメント:「みどりいろは、しぜんのみどり ちゃいろは、木のかんじで あしのあおみどりは、さいがわのいめーじです。」

 審査の結果採用されたディプロドクスの愛称(応募数 160件)


でぃぷろん」 (応募者数 6名)
審査の際のコメント:「ディプロドクスという名前から、素直にイメージしやすい」

 デザイン作品展を開催します!


会期: 2019年 9月21日(土)~ 11月24日(日)
会場: 信州新町化石博物館 企画展示室

ディプロドクスニューデザインコンテストにご応募いただいた作品を展示します。
上記の受賞作をはじめ、力のこもった作品の数々をご覧ください。

 記念イベントを開催します!


ディプロドクスのニューデザイン記念イベント

日時: 2019年 11月 3日(日)文化の日 10:00~
会場: 信州新町化石博物館 駐車場

デザインの表彰式、ディプロドクスの説明板除幕式、記念撮影などを予定しています。
11月 3日(文化の日)はすべての方が入館無料となります。

※化石博物館駐車場は上記イベントのためご利用できません。当日、お車でお越しの方は河川敷をご利用ください。

(化石博物館から信州新町方向へ300M程、国道19号線「奈津女橋」信号左手に河川敷へ下りる道がございます)


ディプロドクスのニューデザイン記念講演会

日時: 2019年 11月 4日(月)振替休日 13:30~
会場: 長野市役所信州新町支所 3階 ホール(入場無料)
講師: 国立科学博物館 真鍋 真 博士
演題: 「でぃぷろん」と始める恐竜学入門

このたび新しくデザインと愛称が決まったディプロドクスや、恐竜たちの楽しいお話を、子どもから大人までわかりやすくお話しいただきます。
事前のお申し込み不要で、どなたでもお聞きいただけます。
また、当日は信州新町支所の駐車場が混み合うことが予想されますのでご注意ください。

長野市役所信州新町支所(長野県 長野市 信州新町 新町 1000-1)

信州新町化石博物館より、国道19号線を松本方面へ車で約5分。駐車場にある大きな銀色のオブジェが目印です。

お問い合わせ先

信州新町化石博物館 (電話)026-262-3500

デザインコンテストの日程

日程表

募集要項

1.募集期間
 6月29日(土)~9月1日(日)終了しました
※企画展「公開10周年記念 新町にディプロドクスがやってきた!」開催期間
2.応募用紙について
 デザインコンテスト・愛称の応募用紙は、長野市立博物館・信州新町化石博物館で配布し、ホームページ上でPDFデータとしても公開します。
 是非、ディプロドクス実物大復元模型と企画展「公開10周年記念 新町にディプロドクスがやってきた!」をご覧いただき、デザインや愛称を考えてください。
3.応募方法
・9月1日(日)までに信州新町化石博物館へ持参もしくは郵送してください(当日消印有効)
  〒381-2404 長野県長野市信州新町上条87-1 信州新町化石博物館 電話026-262-3500
・デザインコンテストの応募について
  応募用紙はA4サイズでプリントしてください。
  新しいデザインと以下の内容がそろっているものを受け付けます。それ以外は選考対象となりませんので、ご了承ください。
  ・応募者の氏名・住所・年齢・問い合わせできる連絡先(電話)など
  ・色鉛筆で塗った新しいディプロドクスのデザイン(できるだけ色鉛筆でお願いします)
  ・デザインの理由(科学的な理由を記入してください)
・愛称の応募について
  応募用紙のサイズはハガキサイズです。郵送の場合はこのままハガキにプリントしてください。
  愛称と応募者の氏名・住所・年齢・問い合わせできる連絡先(電話)などを記入して持参もしくは郵送ください。
・応募に関する条件
  ・応募用紙は返却しません。恐竜デザインについては応募前にコピーもしくは撮影など保存をお願いいたします。
  ・必要事項が未記入の場合は選考対象になりません。
  ・デザインで受賞された作品については氏名・住所(市町村レベル)・年齢等の公表をさせていただきますので、ご了承いただけない場合は選考対象になりません。
  ・デザインの権利は長野市立博物館に帰属します。
・応募していただきましたら、受理書(ハガキサイズ)をお渡し・ご送付いたします。
  ・受理書は 9月21日(土)~11月24日(日)の「デザイン作品展」期間中に信州新町化石博物館へご持参いただくと、1回のみとなりますが、応募者の方は入館料を無料に、同伴のご家族の皆様は2割引きにいたします。
4.選考結果の発表
 ž 9月中旬に発表します。受賞者には別途ご案内いたします。
5.採用作品と賞について
・デザインコンテスト
  最優秀賞 1点:実際に彩色するためのデザインとして採用しますが、完全に再現はできませんのでご了承願います。
  優秀賞、他について:楽しいデザインや興味深いデザインを選定します。
 各賞には賞状と記念品をお渡しします。
・愛称募集
  選考委員会で愛称を決定します。
・デザイン作品展の開催
  応募作品については、 9月21日(土)~11月24日(日)まで、信州新町化石博物館にて展示します。
6.今後のスケジュール
ž  11月3日(日)午前10時より、信州新町化石博物館駐車場にて記念セレモニーと表彰式を開始します。(変更となりました)
ž  11月4日(月)午後1時30分より、信州新町支所3階ホールにて、国立科学博物館 真鍋 真博士を招いて記念講演会を開催いたします。
ž  (詳しい内容については決まり次第掲載いたします)
7.お問い合わせ先
 信州新町化石博物館 電話026-262-3500