長野友の会

ようこそ 長野友の会へ

友の会は昭和5年、ジャーナリストで教育者の
羽仁もと子を中心に「婦人之友」の読者によって
全国各地につくられた団体です。
 長野友の会も昭和5年に創立、20才代から高年
まで年代をこえて、日々の生活を通し衣・食・住
家計・子どものこと・環境のこと等楽しく学び合い
地域に働きかけ、よい社会を創りたいと活動して
います。
長野友の家の写真
長野友の家


2017年 


穏やかな年になりますように

野の花の姿で

多くの友と

良い交わりが出来ますように




 思想しつつ
     生活しつつ
         祈りつつ 





 全国友の会では
子どもが生き生きと笑顔で過ごせるようにと
願って
「おさなご発見U6ひろば」
開催します。

 6歳以下のお子様とご家族にむけて
 「こそだての樹」ホームページを
 作りました。ぜひご覧ください。  
 各地のイベントなどが検索できます。

                           
 

 








11月 晩秋  秋色にかがやいて


              11月例会読書
                 
           「 
生活費とその予算
           
                              羽仁もと子

  
私どもは貯金、保険、臨時費など、家計相応の金をちゃんと
取りのけておいて、月々の生活費を『家計簿」によって、予算超過
をする気づかいが
ないようにしていれば、決してけちけちすることはいり
ません。
 第一に各人の私の家計や財産も、その一面のにおいては、社会公共のも
のであることは、いうまでもないことであります。一方で無駄をする人びとが
あれば他方に欠乏を感ずる人びとができます。

 ・・・家計を健全にするための、第一の必要な手数は、子供にも老人にも、
主婦自身の家計の方針に信頼させるまでの了解を得ることと、なにかの問
題は、家中で評議し力を出し合って決めるような機会を、ときどきつくることが
大切です。
こういうことは手数であるだけそれだけ、家人おのおのの適切有力な経済
教育の方法ともなります。母親ひとりの考えで家計を処理していても、それに
絶対の信頼を持っている家人や子共らも多いのですけれど、それだけでは
やはり経済的観念の養われる一番大切な機会を逸することになります。

 私たちは一体限りない欲望を持っているものですから、もしそのために
自分の全収入を用いようとするならば、いつでも足らない足らない心持ちが
するはずです。
私たちの収入というものは、一部は貯金に大部分は生活費に、そうして
今一部は、社会のために使うべきものであることを心にいれて。そう実行して
さえいれば、かえって豊かな満足した気持ちで生活していかれます。

   著作集 「家事家計篇」 
         生活費とその予算ー豊かな心で より抜粋  1927年初版


             


お知らせコーナー




正月料理講習会お知らせ新11/18



家事家計講習会のおしらせ
市内6会場で開催中です。10/7



秋の友愛セール
10月14日終了しました







常設講習(生活教室・洋裁教室)
2017年度 受講生募集
 
更新2/12










2017年度 
常設講習 お知らせ 

洋裁教室作品紹介
    生活教室
    洋裁教室
   作品できました 更新9/27










 活動内容

2017年度の主な行事

      子どもと笑顔で過ごせるように
 きく・見る・つくる あそぶ
   友の家にお出かけください。


子育て中の皆様へのお知らせはここからどうぞ
こどもグループの活動の紹介



 2017年度の活動予定
         

5月  
  
6月
 
 友愛セール 若槻自治会館 24日(土) 
7月
 友愛セール 友の家 1日(土
           
8月  
9月  
10月   
 ◆ 友愛セール 友の家 
 

 常設講習会 修了式 25日(水
11月   
 ◆家事家計講習会 
12月  *クリスマス例会 

 ◆正月料理講習会 
 1月  新年例会 

 

      2月  ◆手作り品&友愛セール 友の家 3日(土)



 ( 週刊長野主催 人生悠遊高齢者作品展に参加)
 3月

※上記の予定の 外にこれから 順次計画を立てて行う予定です。


※日程が変更する場合があります。