事 業 活 動
28年度の主な取組
            1.安全・安心な製品製造と環境保全に関する取り組み

(1) 食品衛生法等関係法規の改正に係る情報の収集・周知につとめました。

(2) 食品中に残留する農薬等に関する使用等に係る情報を収集し、産地に適正使用を求める要請活動の展開を
   しました。

(3) 加工製品の品評会及び総合検討会の開催しました。

(4)安全・安心な製品作りのための技術講習会を開催しました。


(5)製造技術等関係機関主催の研修・講習会等への積極的な参加を勧めました。

(6)食品加工副産物の家畜資料としての活用検討に協力しました。


            2.安全・安心な県産原料の安定確保に関する取り組み

(1)県産原料の需給検討会を開催し、加工原料の安定確保につとめました。

(2)専門知識の習得と情報交換のため、会員の担当者研修会の開催しました。

(3)ジュース用原料トマトの安定確保のため、生産拡大対策に取組ました。

(4)生産振興等関係機関の実施した研修会への積極的参加を勧めました。

            3.会員相互の情報交換や消費啓発・PRに関する取り組み

(1)園芸加工品類品評会を17会員から230点の出品を得て開催しました。
   
   PRイベント「信州の園芸特産農林水産大臣賞大集合」を銀座NAGANOで開催しました。

(2)信州きのこ祭りの「平成28年度長野県きのこ品評会」への協賛しました。

(3)会員・賛助員の相互交流の場として、懇談会・親睦コンペ等を実施しました。